A邸完成!

HomeICのブログへようこそ!

6月末から打ち合わせの始まったA様邸、本日完了となりました!

バルコニー側のビフォー写真
バルコニー側のアフター写真

おもちゃで溢れたお部屋をもう少し落ち着いた環境にしたいとのご依頼。収納を増やし、ソファ&ダイニングセットの形を、ダイニングソファの形式に変更ご希望。そこで大胆にレイアウトを変更し、ダイニングソファのセットはバルコニー側にして、入り口を入ったところに大きな収納を配置しました。(ピアノもあるので、レイアウトと収納のプランは、奥様とかなり長いこと検討しました)

縦長のリビングダイニングは、大変落ち着いた色合いの床と建具のお部屋ですが、小さいお子様のいる今は印象が暗すぎると感じるとのことで、ノリを使わないタイルカーペットで窓に近い方を明るい印象に。スペースをコンパクトに、存在感を減らそうと奥様が選んだテレビスタンドは、最初濃い色の床での存在感にショックを受けていましたが、床を明るくすることで部屋に馴染ませることができました。

ソファとテーブルは別のメーカーのものですが、素材をウォールナットで合わせ、ドレープカーテンと共布を使ったクッションで部屋の統一感を出しました。レースカーテンは裾柄が素敵なのですが、メーカーの標準の縫製だと柄部分はテーブルにかなり隠れてしまうので、布いっぱいを使って柄がなるべく上の方に来るように仕立ててもらいました。こういうところが既製品や単純なメーカー縫製と違うところでしょうか。

 

拡散光タイプのスポットライト

テープル上ペンダント照明は奥様は気に入っているのですが、ご主人からは「暗い」との苦情?が入り、コンパクトなスポットライトを追加。天井や目線の先の壁を照らすことで暗い印象を解消。(ペンダントはテーブルの上の明るさは十分なのですが、天井面は暗くなりがちです)ライティングレールを使うと器具の追加変更がしやすいので便利です。LD入り口側の天井にもデザイン合わせのシャンデリアを付けました。

 

 

 

 

入り口側ビフォー写真
大容量収納家具でお部屋スッキリ!

初回納品時不具合のあった収納も、本日しっかり箱を交換して、これから大活躍するでしょう!

 

プライベートなお部屋は、公開できる写真がありませんが、寝室は片付けが終わったらお披露目できるかもしれません。そうなることを楽しみにしています♪

 

今回は、以前からのお知り合いということもあり、4歳のボクちゃんとも仲良くでき、楽しいお仕事になりました。

ボクちゃん曰く「新しいお家がいい!」とのこと。(カーテンなどが一気に入り、様子ががらっと変わったため、お引越しをした気持ちになって、「前のお家がいい」と一時言っていたそうですが、最終的には気に入ってもらえました!)

築10年以上のお部屋はクロスの貼り替えもしましたが、ご予算も許容範囲内に収まったとのことで、とてもご満足いただけたようなので、私も嬉しい限りです!

気持ちよくお正月を迎えて下さいませ!

 

引越し&リフォーム vol.7「2015.07.26 インテリアは創るもの!」カーテン①

HomeICのブログへようこそ!

「引越し&リフォーム」のリポートが続きます。

引っ越しのだいぶ前からカーテンは検討していて、夫の部屋はとにかく夫の希望を聞き、私は私で色々プランを練っていましたが、やはり大変なのはリビングダイニングです。

引っ越すと決めた時(購入物件の決まる前!)から、新しい部屋のカーテンはグレイッシュなものにしたいと思っていました。夫が黒いピアノ塗装のスピーカーをリビング用に買いたいと言っていたので、頭の中のリビングのイメージがかなりモダン寄りになってきて、グレーはこのところのトレンドでもあるので…^_^;

メーカーのショールームに一緒に行ったりもしたのですが、夫は生地そのものを見て、可愛い刺繍のレースに「これにする?」と言うかと思えば、新居に掛かっている明るいベージュの遮光カーテン(以前の方が掛けていたもの)を指して「今のままで良いんじゃない?」とか、同様の「無地のベージュ系しか今度の部屋に合わないんじゃないか?」と、今ある内装のイメージから離れられない様子…。

そこで私が説明したのは「インテリアは創るもの!」という事。今ある床、壁、天井や建具(ドアなど)のカラーは大事で、色あわせ(相性の考慮)は必要ですが、マンションの同じカラーリング部屋のインテリアが皆同じ色味になるなんて事はありえませんね?内装のカラーやデザイン、質感も考慮しつつ、住む人の個性や好み、希望のスタイルに合わせてコーディネートしていけば、色々なインテリアを創っていけるのです!

それを伝えるのは難しく、お客様ではない夫にさすがにプランシートを作る気にもならず、カーテンはリフォームプランがある程度進むまで寝かす結果になりました。

…という事で、②に続きます。